ディスクロージャーポリシー

  • 情報開示の基準

    当IRサイトでは、東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿って情報開示を行っています。適時開示規則では、第2条、第3条、第4条により、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、すでに開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止などがあった場合に適時開示を求めています。
     また、当IRサイトでは、決算説明会での発表内容など適時開示規則に該当しない情報についても、投資家、アナリスト、メディアの需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示していく方針です。

  • 情報の開示方法

    適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所のホームページ上にある「適時開示情報閲覧サービス」で公開するとともに、記者クラブ「兜クラブ」などに同一資料を投函し、同時に当IRサイトや横浜ゴムのプレスリリースサイトにも掲載します。
     また、適時開示規則に該当しない情報の開示についても、適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に伝達されるよう配慮しています。なお、PDFファイルやその他ツールの準備の都合上、これら情報の当IRサイトへの掲載のタイミングが遅れる場合がありますのでご了承ください。

  • 沈黙期間について

    決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表までを沈黙期間とし、業績に関する質問への回答やコメントを差し控えています。ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく変わる見込みが出てきた場合には、適宜情報開示を行います。また、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問については対応します。

  • 将来の見通しに関して

    当IRサイトに掲載されている内容のうち、歴史的事実以外のものは、一定の前提下で作成された見通しや戦略です。それらは現在入手可能な情報に基づき、当社の経営者が判断したものですが、経済情勢や市場環境などのさまざまな要因により、リスクや不確実な要素を含んでいます。そのため、実際の業績がこれらの見通し及び計画と大きく異なる結果となる場合がありますのであらかじめご了承ください。
     また企業価値などを検討されるにあたっては、これら情報に全面的に依拠されないようお願いいたします。

トップへ