gd100 gd100

タイヤ事業 世界のお客様の心を独自の存在感で掴み、No.1の領域を創り出しながら成長する タイヤ事業 世界のお客様の心を独自の存在感で掴み、No.1の領域を創り出しながら成長する

高性能タイヤ「ADVAN」を中心とした高付加価値商品、新素材や世界共通仕様、新しい工法などの技術開発、アジアでの小規模生産方式の拡大などにより収益を伴った成長を目指します。

商品、技術、生産を核として

世界のお客様の心を独自の存在感で掴み、商品、技術、生産でNo.1の領域を創り出し、収益の伴った成長を実現することがタイヤ事業の方針です。
グローバルブランドを確立し、高付加価値商品を増販します。そのための新素材、世界各国で生産可能な共通仕様などを開発し、アジアで小規模工法を積極的に拡大することなどにより、高品質で低コストの商品を世界中に供給します。
同時に、飽くなき、弛まない、徹底した改善を進め、事業基盤を強化します。

タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 タイヤ事業戦略 収益を伴った成長

ADVANをグローバルブランドに

「ADVAN」の全世界展開を加速し、乗用車用タイヤから航空機用タイヤまで、各カテゴリーのトップブランドと位置付け、新商品を市場に送り出します。
また、欧州のプレミアムカーへの新車装着(OE納入)をさらに拡大し、世界のトップブランドとしての認知度を向上させます。モータースポーツでも、本年度よりFIA公認のWTCCに「ADVAN」のワンメーク供給を開始しましたが、これも世界戦略の一環です。

グローバルブランドの確立 ADVANを全世界へ展開 グローバルブランドの確立 ADVANを全世界へ展開

全世界で生産能力5,600万本に

販売量の拡大に伴い、生産能力を全世界で年間4,560万本(2005年度)から、2008年度には約5,655万本へと、1,095万本増量します。特に日本以外のアジア地域で生産能力を1,000万本増やし、1,550万本レベルにします。これにより、海外生産比率は2005年度の26%から、2008年度には38%まで拡大し、全体の1/3以上を占める予定です。
さらに今後成長が予想されるBRICs諸国での事業展開も積極的に推進する体制をとっていきます。

アジアを中心とした生産拡大 アジアを中心とした生産拡大

トップへ