タイヤの成長戦略

gd100

gd100

タイヤ事業 世界でのプレゼンスを高めながら、成長をめざす タイヤ事業 世界でのプレゼンスを高めながら、成長をめざす

海外でのプレゼンス向上

フェーズIIでは省燃費性に優れるエコタイヤを海外で本格的に販売する計画です。横浜ゴムは国内メーカーに先駆けて1998年にいち早く省燃費タイヤを発売し、技術とノウハウを蓄積してきました。得意とする省燃費タイヤで海外でのブランドイメージと認知度を高めていく戦略です。第一弾として、ヨコハマタイヤの中で最高レベルの省燃費性能を誇るエコタイヤ「dB super E-spec(日本名はDNA dB super E-spec)」を2009年度中に欧米市場に投入する予定です。 また、フェーズⅠでも力を入れていた乗用車用タイヤの最上位ブランド「ADVAN」のOE展開をさらに強化します。世界で高性能と認められる車の新車装着の承認を取り、海外でのプレゼンス向上につなげるのが目的です。これまでベントレーのコンチネンタルGT、ポルシェの911カレラ4、メルセデスベンツのAMG、アウディのQ7など数多くの高性能車両に新車装着されました。

弾力的な生産増強

経済環境が不透明な中でも、成長を持続するため各国の状況に応じて生産増強を行っていきます。特にロシアでは販社の設立や好調な経済に支えられ、2005年に約50万本だった販売本数が、2008年には160万本以上に拡大しました。今後もロシアは持続的な成長が見込めると判断し、2011年の稼動をめざし南西部のリペツク特別経済区に年間生産能力140万本のタイヤ工場を建設する予定です。先行して景気回復の見込める中国でも、凍結していた杭州工場の生産拡張を再開。2011年度までに年間生産能力を現在の300万本から410万本に拡大する計画です。

タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 dB super E-spec

タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 タイヤ事業戦略 収益を伴った成長

地域別事業体制のグローバル化

世界各地の市場特性にあった商品を開発し、適切な販路を通じて供給していくため、マーケティング機能を各地域へ移していきます。また、タイムリーなタイヤ供給の実現のため、提携先との委託生産なども視野に入れています。

タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 dB super E-spec

タイヤ事業戦略 収益を伴った成長 タイヤ事業戦略 収益を伴った成長

トップへ