基盤強化/CSRへの取り組み


基盤強化/CSRへの取り組み

基盤強化

2006年度から取り組んできた「ムダ取り活動」は、6年間で合計515億円のコスト削減を達成しました。Phase Ⅲでは「ムダ取り活動」に加え、トップダウンの「重要課題特別プロジェクト」を立ち上げ、さらなるムダ取りを進めます。

CSRへの取り組み

横浜ゴムはCSR経営ビジョンとして「社会からゆるぎない信頼を得ている地球貢献企業になる」を掲げており、SR(組織の社会的責任)の国際規格であるISO26000を基に定めた7つの重点課題に沿ってCSR経営を推進します。新たな取り組みでは「環境経営の推進」において生物多様性保全への取り組みを本格的に開始。また、「ステークホルダーコミュニケーション」では、YOKOHAMA千年の杜プロジェクトの一環として東日本大震災の津波被災地での「いのちを守る森の防潮堤プロジェクト」の実施を検討しているほか、従業員ボランティアによる被災地復興の支援活動を継続的に行っています。

宮川(三重県)中流での水生生物調査の写真 宮川(三重県)中流での水生生物調査の写真
宮川(三重県)中流での水生生物調査

津波被災地で採取したドングリから育苗中の苗木 津波被災地で採取したドングリから育苗中の苗木
津波被災地で採取したドングリから育苗中の苗木

トップへ