コラム:タイヤの増産計画をさらに上乗せ

事業の概況 タイヤ事業

コラム

タイヤの増産計画をさらに上乗せ
好調な海外販売をさらに拡大するため、新たな増産計画を決定しました。ひとつはヨコハマタイヤ・マニュファクチャリング・タイの乗用車・ライトトラック用タイヤ工場の第2期拡張です。2006年度末時点の年間生産能力は70万本ですが、2008年度末までに260万本に引き上げます。もうひとつは国内の新城南工場の拡張で、年間生産能力を2006年度末の100万本から2008年度末には同260万本に拡大する計画です。特に需要が旺盛な16インチ以上のハイパフォーマンスタイヤを増強します。この結果、横浜ゴムグループの年間生産能力は2006年度末の4,995万本から2008年度末には5,685万本に拡大する計画で、昨年5月に発表の計画に対してさらに30万本の増産です。

タイヤ生産能力(万本)
工  場 製  品 2006年度末 2007年度末 2008年度末
日本 三重 トラック・バス用、乗用車用、ライトトラック用 600 605 610
三島 乗用車用 1370 1,380 1,380
新城 乗用車用 1,410 1,450 1,450
新城南 乗用車用 100 110 260
米国 ヨコハマタイヤ・コーポレーション 乗用車用 550 550 550
GTYタイヤ・カンパニー トラック・バス用 50 50 50
フィリピン ヨコハマタイヤ フィリピン Inc. 乗用車用 610 700 750
中国 杭州横浜輪胎有限公司 乗用車用 200 200 270
蘇州横浜輪胎有限公司 トラック・バス用 35
タイ ヨコハマタイヤ・
マニュファクチャリング・タイ
トラック・バス用 35 40 70
乗用車用、ライトトラック用 70 130 260
合計 4,995 5,215 5,685
トップへ