事業の概況 タイヤ事業

アジア
ハイパフォーマンスタイヤが好調
日本以外のアジアでは中国、マレーシア、韓国を中心に販売を伸ばしました。 乗用車用は大都市を中心に高級車の売れ行きがよく、コンフォート系の「DNA dB」やスポーツタイヤの「S . d r i v e 」、S U V 用の「GEOLANDAR」シリーズなどハイパフォーマンスタイヤの販売が好調でした。 日本やタイ工場の増産で、ハイパフォーマンスタイヤの供給が増えたことも寄与しています。 また、中国では杭州工場(浙江省)の第3期の生産ライン増設の完了に伴い、市販用に加え、日系カーメーカー向けも大幅に伸びました。
トラック・バス用タイヤも中国やマレーシア向けが好調で販売を伸ばしました。 特に中国では、同タイヤを生産する蘇州工場(江蘇省)が2008年7月に稼動することから、日本製を投入し先んじて販売網の拡大に取り組んだため、大きく伸長しています。

アセアン諸国、西アジアの販売強化に着手
旺盛な需要が続くアセアン諸国やインドなどで販売強化に乗り出します。 そのため2008年2月に、これらの地域をカバーするマーケティング会社Yokohama Asia Co.,Ltd.をタイのバンコクに設立しました。 得意とするハイパフォーマンスタイヤの販売を伸ばすため、高性能タイヤのブランドイメージの確立や販路開拓に取り組むほか、技術サービスの強化に力を入れます。
またタイでは、これまで現地の代理店を通して販売してきましたが今年5月、バンコクにタイヤ販売会社のYokohama Tire Sales (Thailand) Co., Ltd.を設立しました。 Y o k o h a m a T i r e M a n u f a c t u r i n g(Thailand) Co., Ltd.で生産するタイヤを中心に、タイ国内での販売をさらに強化するのが目的です。 これにより、アジアのタイヤ販売会社は台湾、韓国、中国、フィリピンと合わせて5カ国になりました。

トップへ