事業の概況-タイヤ事業


タイヤ事業は、売上高が前期比4.8%減の3,997億円、営業利益は同62.0%減の99億円となりました。国内が新車・市販用ともに大幅減となったほか、販売量は伸びたものの円高の影響で海外も減収でした。こうした売り上げ減に原材料高の影響が加わり、減益となりました。

2009年度は景気減速に伴う需要減少や為替の円高傾向が懸念されるため、売上高は前期比4.9%減の3,800億円の予想です。しかし、原材料価格が前期に比べ安値で推移していることから、営業利益は同31.4%増の130億円を見込んでいます。

日本
新車用、市販用ともに販売減
市販用タイヤは下期以降の需要低迷に降雪不足が重なり、夏タイヤ、スノータイヤともに販売本数が減少しました。しかし、高付加価値帯の新商品が好調だったうえ、値上げによる増収効果もあり、売上金額は微減にとどまりました。上期の燃料費上昇を背景に2008年2月に発売した高い省燃費性が特徴の「DNA Earth-1」が好調だったほか、同年9月に発売のヨコハマのスタッドレスタイヤ史上最高の氷上性能を持つ「ice GUARD TRIPLE」の売れ行きも順調で、シェアアップを果たしています。
2009年度の市販用タイヤ需要は前年並みと推測され、横浜ゴムは高付加価値商品を主軸に販促活動を展開し、販売増と商品ミックスの改善をめざします。「DNA Earth-1」の省燃費性をアピールする販促活動に引き続き力を入れるほか、2009年2月に発売のストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA AD08」、7月に発売した最高峰のコンフォートタイヤ「ADVAN dB」の新商品効果で販売拡大をめざします。近年の買い控えの反動から需要増が見込めるスノータイヤについは、「ice GUARD TRIPLE」の販促活動を徹底するほか、耐摩耗性や省燃費に優れるトラック・バス用タイヤのZENシリーズから、スタッドレスタイヤ「902ZE」を投入する予定です。
新車用タイヤは下期以降の自動車生産台数の急激な落ち込みが影響し、販売本数・売上金額ともに減少しました。特に昨年度まで建設機械需要の旺盛だったORタイヤ、排ガス規制需要の影響が落ち着いたトラック・バス用タイヤの落ち込みが顕著でした。

北米
米国は需要減のなか、販売増に
米国市場は新車販売台数の大幅減と同様に、タイヤの市販用需要も大きく落ち込みましたが、横浜ゴムは販売本数・売上金額ともに前期を上回りました。商品の高い信頼性と優良な取引先の販売力が原動力となりました。主力の乗用車用、ライトトラック用タイヤを中心に値上げが浸透したほか、高付加価値商品へのシフトが進んだことも寄与しています。特に2008年9月に発売した乗り心地と静粛性に優れる乗用車用オールシーズンタイヤ「AVID Touring-S」の販売が大きく伸び、売り上げアップに貢献しました。市場の要求に応えた性能と価格のバランスの良さがヒットの要因です。トラック・バス用タイヤも販売増となりました。新規ディーラーの開拓が進んだほか、販売店への販売促進施策であるADVANTAGEプログラムが効果を上げています。同プログラムは乗用車用タイヤで実施し好評だったため、2008年からトラック・バス用タイヤにも導入しています。
2009年の米国市場のタイヤ需要はさらに落ち込むと予測されるなか、タイムリーな新商品の投入と地域ごとの地道な営業活動により2008年並みの販売本数をめざします。また、日本でも評価の高いストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA AD08」のフルモデルチェンジ商品を4月に投入するほか、7月には非石油資源の使用率が80%で、ヨコハマタイヤ史上最高の省燃費性を持つ「ADVAN dB super E-Spec」を発売する予定です。トラック・バス用タイヤについても、耐摩耗性や省燃費に優れるZENシリーズを投入します。



ADVAN dB
ADVAN dBは高い静粛性や快適な乗り心地を備えながら、最新のラグジュアリーカーにふさわしい優れた走行安定性を実現している。

カナダでは20%を超える大幅増
カナダは米国とは対照的に市販用タイヤの需要が前年を上回り、横浜ゴムの販売も前期に比べ20%を超える伸びとなりました。特にスノータイヤの伸びが大きく、前期比に比べ大幅増となりました。ケベック地区の州法改正によるスノータイヤの需要増に加え、顧客拡大への積極的な販売促進策が効果を上げました。しかし、トラック・バス用タイヤでは大手顧客の倒産などにより、販売本数を落としています。
2009年のカナダのタイヤ需要は2008年より若干回復すると予測されており、横浜ゴムは新商品の投入やディーラーへの教育プログラムの実施などにより、2008年以上の販売拡大をめざしています。米国で好調な乗用車用タイヤ「AVID Touring-S」や、耐摩耗性や省燃費に優れるトラック・バス用タイヤのZENシリーズのサイズ拡大を予定しています。
トップへ