事業の概況-その他

OTHER PRODUCTS その他

当期の概況
航空部品、ゴルフ用品などのその他の事業は売上高が177億円、営業利益が12億円となりました。航空部品はボーイング向け交換用化粧室ユニットなどの販売が順調でした。ゴルフ用品は東日本大震災の影響もあり低調に推移しました。


Aircra Fixtures and Components 航空部品
化粧室ユニットが好調
2011年度の売上高は118億円となりました。当期の事業環境は民間航空機市場でのエアラインの業績回復による交換部品の受注が堅調でした。また、主力商品であるボーイング737向け化粧室ユニットの新機用商品が好調に推移し、また、2010年から投入したボーイング747-8I向け機内用階段の納入も順調でした。
2012年度は引き続きボーイング737向け化粧室ユニットは堅調に推移する見通しで、平行して新商品開発に取り組みます。
 
ボーイング747-8I向け機内用階段の設置イメージ
ボーイング747-8I向け機内用階段の設置イメージ


Golf Equipment, Other ゴルフ用品・その他
東日本大震災でゴルフ市場は低迷
2011年度のゴルフ用品・その他の売上高は59億円となりました。当期の事業環境は、東日本大震災の影響もあり、一時的にゴルフ場の入場者数が減少するなどゴルフ業界全体が厳しい環境となりました。こうした中、2011年シーズンの主力商品として2010年度に投入した新商品「iD」シリーズが市場環境の低迷を受け、低調に推移しました。しかし、新商品を投入した「egg」シリーズは堅調で、中でも飛距離性能に優れたドライバーが人気を集めました。一方、海外では主力市場の韓国が堅調に推移しました。
2012年度の国内ゴルフ市場は昨年に引き続き厳しい状況が見込まれます。こうした中、アベレージゴルファー向けの新商品を投入する予定です。一方、海外では韓国、台湾、東南アジアに次いで中国での販売を強化します。2012年度には海外専用シリーズとして開発した新商品3種を同時投入する予定です。
中国・アジア市場向けに開発したフラッグシップ商品「Premium Gold」
中国・アジア市場向けに開発したフラッグシップ商品「Premium Gold」


通信・測定技術を利用したユニークな事業を展開
当社はゴルフ用品以外にスイング解析システムや弾道測定器の開発、販売といったユニークな事業を展開しています。プロゴルファーも利用する本格的なスイング診断システム「Science Fit」、その簡易版である「クイックScience Fit」が全国のレッスンスタジオやゴルフショップで多数採用されています。また、2011年12月には簡単にゴルフボールの弾道をシミュレーションできる小型測定器「REDEYES COMPACT Ⅱ」を発売しました。これらシステムや測定器はいずれも高度な通信・測定技術を応用して開発したもので、ゴルファーの間で人気を高めています。当社では同技術を利用しゴルフ以外のジャンルに向けた機器の開発も進めています。
2012年3月にオープンした直営施設「PRGR TOKYO-HUB Golf School & Studio」の「Science Fit」コーナー
2012年3月にオープンした直営施設「PRGR TOKYO-HUB Golf School & Studio」の「Science Fit」コーナー
トップへ