CSRへの取り組み
当社はCSR活動を経営の最重要課題のひとつとして認識し、事業活動のあらゆる面において「持続可能な社会の創造」に向けた取り組みを積極的に推進しています。

CSRに関する基本的な考え方
CSR(Corporate Social Responsibility)の「Responsibility」の意味を「責任」ではなく、「信頼」と置き換えて解釈しています。義務や責任として行動するのではなく、ステークホルダーの期待に応える経営を行うことで社会から信頼され、企業価値の向上につながると考えています。
植樹祭
CSR・環境推進体制
継続的なCSR活動の推進と強化を目指し、2008年6月に専門部署であるCSR本部を新設すると共に、CSR・環境推進体制を構築しました。また、2012年1月に最高会議体のCSR・環境推進会議を、CSR活動を包括的に進めるCSR会議(議長:会長兼CEO)と環境活動に特化した環境推進会議(議長:社長)に分離し、役割をより明確にした組織体制としました。CSR会議と環境推進会議はそれぞれ年2回開催し、取り組むべき課題についての立案・検討や進捗の評価などを行っています。また、海外全生産拠点の経営責任者によるグローバル環境推進会議を年1回開催し、世界の全拠点で、高質で同質の環境経営を行うことを目指しています。

国際規格に基づき7つの重点課題を設定
国際社会での信頼をさらに高めるため、2010年度に組織の社会的責任における国際規格「ISO26000」の中核主題に基づき、「環境経営の推進」「安全健康な職場環境」「製品・サービスの安全と品質」「人権・労働慣行」「取引先との信頼関係」「ステークホルダー・コミュニケーション」「コーポレートガバナンスとコンプライアンス」の7つを当社が取り組むべき重点課題としました。今後はこの課題に沿ったCSR経営を推進していきます。

CSR・環境推進体制

東日本大震災の復興に向けて
被災地で「千年の杜づくり」植樹会を実施
当社は2012年4月30日、東日本大震災の被災地である岩手県上閉伊郡大槌町が復興計画のひとつに掲げた「いのちを守る森の防潮堤」づくりに賛同し、当社主催でモデルケースとなる森づくりの植樹会を実施しました。「いのちを守る森の防潮堤」は、当社が国内外で進めている森づくり「YOKOHAMA千年の杜」の植樹指導を行う宮脇昭氏(植物生態学者・横浜国立大学名誉教授)が提唱しており、東北地方の太平洋沿岸およそ300キロメートルに津波の被害を軽減する「本物の森」をつくることを計画。また、植樹マウンドに震災がれきを利用することで、復旧・復興が進展するなど様々な効果が期待されています。
植樹会当日は地域住民の皆様約330名を含めた543名が、その土地本来の常緑広葉樹の苗木3,389本を植樹しました。会には碇川豊大槌町町長や宮脇氏に加え、来賓として細野豪志環境大臣、細川護煕元首相などが参加。当社からは南雲忠信会長兼CEO、野地彦旬社長をはじめ、従業員ボランティア45名を含む111人が参加しました。
復興支援ボランティアを継続的に実施
当社グループの従業員からボランティアを募り、宮城県気仙沼大島での復興支援活動を行いました。約1週間の日程で、現地の災害対策本部と協力してがれきの撤去、家財道具の整理・洗浄、海岸清掃などを実施。第1期(2011年10月~11月)、第2期(2012年2月~3月)あわせて計10回、60人が参加しました。今後も同様の活動を継続していく考えです。
専用サイトでは現地の様子や活動の内容を紹介しています。(http://www.yr.co.jp/cp/disaster/)
地域の皆さまと横浜ゴム従業員ボランティアを中心に約3,400本を植樹
地域の皆さまと横浜ゴム従業員ボランティアを中心に約3,400本を植樹
生物多様性保全への取り組み
事業所周辺の予備調査を開始
当社では、事業活動が事業所(国内15カ所、海外15カ所)の周辺環境の生物多様性に影響を与えていないかを確認するため、事業所周辺の予備調査を開始しました。この調査は、豊かな自然が存在する地域に隣接する事業所を絞り込むために行うものです。該当事業所では今後、周辺環境の生物多様性への影響を調査し、課題を明確化した上で、必要な取り組みを進めていきます。2011年4月からは三重工場周辺の宮川中流域と下流域、桧尻川流域の現状調査を開始し、12月までに計3回調査しました。
「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクト
創立100周年を迎える2017年までに、国内外の生産拠点に約50万本の苗木を植える「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトを地域の皆様と共に進めています。この杜が、生物多様性の観点でも豊かな森となっていることを確認するため、飛来する鳥類の生息状況調査を一部の事業所で開始しました。
三重工場従業員による宮川の水生生物調査
三重工場従業員による宮川の水生生物調査
トップへ