アニュアルレポート2017

事業の概況:タイヤ/MB/ATG

タイヤ

売上高営業利益

2016年12月期の概況

売上高は前年同期比10.0%減の4,506億円、営業利益は同15.6減の363億円となりました。売上高に占める割合は75.6%、営業利益に占める割合は85.9%です。

国内新車用

国内新車用は、自動車生産台数の減少や価格下落により売上高は前年を下回りましたが、原材料価格の下落により増益となりました。

国内市販用

国内市販用は販売量は減少したものの、ハイパフォーマンス・スポーティー・タイヤ「ADVAN FLEVA V701」やSUV用オールテレーンタイヤ「GEOLANDAR A/T G015」を発売したほか、SUV 用スタッドレスタイヤ「iceGUARD SUV G075」を発売するなど、高付加価値商品を中心に販売を強化し、増益を確保しました。

海外市販用

海外は円高や価格競争の激化で減収減益となったものの全体での販売量は増加しました。北米は横ばい、欧州は新規販路が販売に寄与するなど好調に推移したほか、中国でも新車用タイヤが好調を維持しました。

2017年12月期の見通し

売上高は前年同期比5.4%増の4,750億円、営業利益は前年と同じく363億円を見込んでいます。

  • MB事業
  • MB事業
  • MB事業

MB

売上高営業利益

(注)2015年度より従来の「工業品事業」と「その他の事業」に含まれていた航空部品事業を併せて「MB事業」に名称を変更しました。 2014年度の数値は新区分にて計算し直した数値を記載しています。

2016年12月期の概況

売上高は前年同期比7.9%減の1,121億円、営業利益は 同28.9%減の75億円となりました。売上高に占める割合は18.8%、営業利益に占める割合は17.7%です。

ホース配管事業

国内建機生産の減少、自動車用ホースの需要減少など市場環境が厳しく、売上高は前年を下回りました。

欧州のEN規格に準拠した高圧ホースシリーズ「Versatran」
欧州のEN規格に準拠した高圧ホースシリーズ「Versatran」

工業資材事業

国内粗鋼生産の低迷や資源価格の下落など市場環境の悪化が影響し、売上高は前年を下回りました。

ハマタイト・電材事業

国内は需要低迷で低調でしたが、北米向け自動車用接着剤などが好調だった結果、売上高は前年を下回ったものの、増益となりました。

自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant」
自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant」

航空部品事業

官需向けは好調でしたが、民間航空機向けは低調に推移し売上高は前年を下回りました。

2017年12月期の見通し

売上高は前年同期比4.3%増の1,170億円、営業利益は同20.1%増の90億円を見込んでいます。

ATG

売上高営業損失

当期より2016年7月に買収を完了したアライアンスタイヤグループの業績を「ATG」として報告セグメントに追加しました。当期は2016年7月1日から12月31日までの業績を反映しています。

2016年12月期の概況

ATGの主力事業である農業機械用・産業車両用タイヤを始めとするオフハイウェイタイヤは、穀物価格の下落などによる市場の需要低迷が続き価格競争が激化する中、積極的な販売活動により販売量および売上高は想定どおりに推移しました。売上高は 255 億円で全体の 4.3%を占めています。営業損益には株式取得関連費用(販売費および一般管理費)を計上したことに加え、のれん等の償却もあり、21 億円の営業損失となりました。

2017年12月期の見通し

売上高は前年同期比135.5%増の600億円、営業利益は12億円を見込んでいます。

農業機械用タイヤ「Alliance Agriflex 372」
農業機械用タイヤ「Alliance Agriflex 372」

  • 前へ戻る
  • 一覧へ戻る
  • 次へ進む
トップへ