横浜ゴムの価値創造ストーリー

中期経営計画グランドデザイン100(GD100)

GD100は、横浜ゴムグループが2006年度からスタートさせた中期経営計画です。創業100周年にあたる2017年度に「企業価値・市場地位において、独自の存在感を持つグローバルカンパニーを目指す」ことをビジョンとし、2006年度策定当初に2017年度の長期財務目標として売上高1兆円、営業利益1,000億円、営業利益率10%を掲げました。

GD100は3年ごとに4つのフェーズに分けており、2014年度で3フェーズ(9年間)を終了しました。2012年度から2014年度のフェーズⅢでは、3年間合計で売上高1兆8,000億円、営業利益1,500億円、営業利益率8.3%を掲げましたが、結果は売上高1兆7,866億円、営業利益1,654億円、営業利益率9.3%となり、売上高は目標を下回ったものの、ほかの2つは目標を上回ることができました。現在は2017年度に売上高7,700億円、営業利益800億円、営業利益率10.4%を目指すフェーズⅣに取り組んでいます。

PhaseⅣ「成長力の結集」

フェーズⅣ(2015年-2017年)はGD100の集大成であり、次の100年における飛躍に向けた布石を打つとともに、これまで積み残されてきた課題を払拭するフェーズと位置づけ、テーマを「成長力の結集~YOKOHAMAの可能性を結集して、次の100年を切り拓く~」としました。これまでの各フェーズで取り組んできた「成長」、グループ全体の成長、個々の成長など、あらゆる成長力を結集して事業活動に取り組む考えです。定量目標として、2017年に売上高7,700億円、営業利益800億円、営業利益率10.4%の達成を掲げました。

GD100の戦略を実行していく中で、次の価値を創造し、社会に提供していくことを約束します。

ステークホルダーに提供する価値(横浜ゴムの重要課題)

  • お客さま
    心と技術を込めたモノづくりにより安全・安心な商品を提供します
  • 従業員
    人を大切にし、人を磨き、人が活躍する場をつくります
  • 株主・投資家
    事業を成長させ企業価値を高めます
  • 地域社会
    地域社会の繁栄・発展に貢献し、社会からゆるぎない信頼を得ている地球貢献企業になります
  • 環境
    青い地球と人を守るために、環境との調和を通じた持続可能な社会づくりに貢献します
  • 取引先
    バリューチェーンを通じたCSR活動を推進します