ニュースリリース

トラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム「HiTES」が「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)のトラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム「HiTES(ハイテス)」が、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する第6回エコプロダクツ大賞のエコプロダクツ部門で「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞した。授賞式は12月10日(木)から開催される「エコプロダクツ2009」の会場内で行われる。なお、同イベントの当社ブースにて「HiTES」を展示する。

「HiTES」(オフィシャルサイト:http://www.yokohamatire.jp/hites/index.html)は、タイヤの空気圧とタイヤ内空気温度を運転席からリアルタイムで確認できるシステムで、トラック、バスはもちろん、様々な荷台を付け替えて運用するトレーラでも装着できる。同システムを使用して適正なタイヤ管理を行うことにより、①燃費悪化の抑制=CO2排出量の削減、②タイヤ寿命の向上=廃タイヤの削減、③リトレッドタイヤ(更生タイヤ)の高品質化=リトレッドタイヤの安全性向上・普及促進―など地球環境の保護に貢献できる。また、空気圧やタイヤ内空気温度の異常を音と有機EL表示器によってドライバーにいち早く知らせるため、走行安全性を飛躍的に高めるほか、パンクなどによる低空気圧に起因するタイヤ故障で生じる事故を未然に防ぎ、渋滞の発生を防止する。こうした陸上輸送における総合的な環境・社会貢献性が高く評価され、今回の受賞に至った。

「エコプロダクツ大賞」は、優れたエコプロダクツを表彰することを通じてエコプロダクツの開発・普及の促進を図ることを目的に2004年から実施されている。「エコプロダクツ部門」と「エコサービス部門」で構成され、各部門において環境負荷の低減に配慮した製品とサービスを表彰する。本活動は(財)地球・人間環境フォーラム、(社)産業環境管理協会、交通エコロジー・モビリティ財団、(社)日本有機資源協会の4団体からなるエコプロダクツ大賞推進協議会が主催し、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の6省が後援している。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
「HiTES」

「HiTES」

受賞者が使用できる「エコプロダクツ大賞」のロゴマーク。
第6回エコプロダクツ大賞エコプロダクツ部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)受賞