ニュースリリース

PRGRウェッジ「iD WEDGE TYPE C」新発売

スピンコントロールがしやすく抜けの良いアスリートゴルファー向けモデル

 横浜ゴム(株)は、上昇志向の強いアスリートゴルファー向けウェッジ「iD WEDGE TYPE C(アイ・ディー・ウェッジ・タイプ・シー)」を(株)プロギアを通じて10月15日から発売する。ロフトバリエーションは「52°」 「56°」「58°」、シャフトはウェッジ専用オリジナルスチールシャフト「SPEC STEELⅢ FOR WEDGE」のほか、「ダイナミックゴールド S300※1」と「MODUS3(S)※2」を用意した。価格は1本18,900円(本体価格18,000 円)、「MODUS3」装着モデルは1本21,000円(本体価格20,000円)。
※1トゥルーテンパー社製シャフト ※2日本シャフト社製シャフト

 昨年12月から販売開始した「iD」シリーズはゴルファーの感性(Inspiration)とPRGRのデータ(Data)を融合させたクラブシリーズ。「iD WEDGE TYPE C」はプロやアスリートゴルファーがテクニックを活かせるよう、ショットをイメージしやすいヘッド形状と操作性を両立させた軟鉄鍛造ウェッジ。

 プロやアスリートゴルファーの感性に応えるため重視したのは、スピンコントロールがしやすく抜けが良いと感じるソール形状。バンスを小さくしインパクト後にフェースの向きをストレートに保ちやすくしたほか、ヘッド操作がしやすくフェースを開きやすいソール形状にした。

 一方PRGRのデータを駆使し、ラフからのアプローチの際にフェース上部で当たり負けせずソフトな打感が得られるよう、「56°」「58°」はフェース上部を厚肉にするロフト別フェース肉厚設計(52°:6.15㎜、56°:6.3㎜、58°:6.7㎜)を採用し、あらゆる状況での対応力を高めている。またFP値※3、重心距離を最適設計することでショット時のフェースコントロール性能の向上を図った。
※3 FP値:フェースプログレッションの略称でシャフトの中心線とリーディングエッジとの間の距離

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
iD WEDGE TYPE C

iD WEDGE TYPE C

クラブ設計の特長

iD WEDGE TYPE Cのスペック