ニュースリリース

第1四半期は売り上げ13.8%増、経常利益186.9%増

中間期、通期の業績予想を上方修正

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)の2007年度第1四半期連結決算(2007年4月1日から2007年6月30日)は、タイヤ事業が海外販売を中心に好調に推移し、MB事業も売り上げを伸ばした結果、売上高は前年同期比13.8%増の1,216億円、営業利益は同130.6%増の43億円、経常利益は同186.9%増の59億円、純利益は同150.2%増の31億円の増収増益となった。

タイヤ事業の売上高は同15.9%増の907億円、営業利益は同203%増の31億円となった。北米、欧州、アジアを中心に海外販売が好調だったほか、国内でも新車用が順調に推移した。天然ゴムなど原材料価格高騰の影響はあったものの、円安による為替差益、値上げの浸透が寄与した。

MB事業の売上高は同8.1%増の309億円、営業利益は同14.3%増の11億円となった。とくに工業資材、航空部品が売り上げを伸ばしたほか、ホース配管、スポーツも順調に推移した。

今回の業績を踏まえ、2007年5月10日に公表した2007年度中間期及び通期の業績予想を上方修正する。中間期は、売上高2,520億円(5月10日予想2,440億円)、営業利益90億円(同55億円)、経常利益75億円(40億円)、中間純利益75億円(同22億円)に修正する。一方、通期は上期の上方修正分を反映して、売上高5,400億円(同5,320億円)、営業利益320億円(同285億円)、経常利益270億円(同235億円)、当期純利益228億円(同175億円)に修正する。