ニュースリリース

PRGR「NEW egg SPOON/FW」、2013年度グッドデザイン賞を受賞

「egg」ブランドのクラブで2008年度に続き2度目 「egg」ブランドのクラブで2008年度に続き2度目

横浜ゴム(株)が(株)プロギアを通じて9月13日から発売しているPRGR「egg(エッグ)」ブランドの「NEW egg SPOON/FW(ニュー・エッグ・スプーン/フェアウェイウッド)」が10月1日、2013年度グッドデザイン賞を受賞した。

「egg」ブランドは「既成概念にとらわれない」「卵の殻を打ち破る発想」「飛び、やさしさを最優先」をコンセプトに開発したゴルフクラブ。「NEW egg SPOON/FW」はクラブヘッドのクラウンがない特徴的なヘッドデザイン(意匠登録第1419315号)で低重心化を実現。プロ、アスリート、アベレージを問わず幅広いゴルファーに低スピン、高弾道なショットで大きな飛距離を提供する。また独特なヘッド形状は安心して打ち込めるため、フェアウェイウッドが苦手なゴルファーでも打ちやすいクラブとなっている。さらにサイドブランチ設計(特許第4683352号、特許第4683353号)の採用により、快適な打球音を実現した。グッドデザイン賞の審査委員からは「打面を大きく取りながらも、重くならないよう不要な部分は削ぎ落した機能的なデザインが造形的に非常に美しく、新しい。ゴルフは伝統を重んじることから同じような形状の製品が多い中、特徴的なこのデザインはユーザーの気持ちも高揚させる。」と評価された。

グッドデザイン賞は1957年、通商産業省(現:経済産業省)が創設したグッドデザイン商品選定制度を発端とし、1998年に(財)日本産業デザイン振興会がスタートさせた総合的なデザイン評価推奨の運動。グッドデザイン賞を受賞した作品には「G」マークの使用が認められる。「NEW egg SPOON/FW」は「個人用品、育児・介護用品」のカテゴリーで受賞した。なお、2008年には同じく「egg」ブランドの「eggアイアン」がグッドデザイン賞を受賞している。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
2013年度グッドデザイン賞を受賞した 「NEW egg SPOON/FW」

2013年度グッドデザイン賞を受賞した 「NEW egg SPOON/FW」

NEW egg SPOON/FWのスペック