ニュースリリース

横浜ゴム、2013年度連結決算は増収増益、2年連続で売上、利益ともに過去最高を更新

横浜ゴム(株)の2013年度連結決算(2013年1月1日から2013年12月31日)は、売上高が前期比7.5%増の6,016億円、営業利益が同14.0%増の566億円、経常利益が同13.6%増の595億円、純利益が7.3%増の350億円となり、2年連続で過去最高の売上と利益を達成した。主力のタイヤ事業は北米や中国を中心に海外販売が回復したほか、国内スノータイヤの販売が好調だった。工業品事業とその他の事業はホース配管、工業資材、航空部品などが好調に推移した。原材料価格の低下や為替円安も大きく影響した。配当は2013年8月公表値を据え置き、中間配当10円、期末配当12円の一株当たり年間22円を予定している。

タイヤ事業は売上高4,795億円(前期比7.9%増)、営業利益460億円(同6.1%増)となった。欧州、ロシアなどの需要低迷や各地で価格競争が激化したが、北米、中国で販売量が回復した。国内新車用は国内新車生産台数の減少により販売量は前年を下回ったが、当社装着サイズの多いエコカーの好調な販売や新規納入の拡大で増収となった。国内市販用は市場価格が軟化したものの、ナツタイヤは堅調、スノータイヤは好調で過去最高の販売量を記録した。

工業品事業(ホース配管、シーリング材、コンベヤベルト、ゴム支承、マリンホース、防舷材など)は、売上高969億円(前期比5.5%増)、営業利益77億円(同51.2%増)となった。北米や中国で自動車向けホースが好調だったほか、防舷材やマリンホース、コンベヤベルトが堅調に推移した。

その他の事業(航空部品、ゴルフ用品など)は、売上高252億円(前期比8.5%増)、営業利益30億円(同136.1%増)となった。航空部品で民間航空機向け化粧室ユニットが堅調だった。市場回復の兆しが見えつつあるゴルフ用品は「iD nabla RED」や「egg」の販売が好調だった。

2014年度の業績予想は、売上高6,470億円、営業利益630億円、経常利益575億円、純利益375億円を計画している。