ニュースリリース

PRGR「iD nabla RS TITAN FACEアイアン」新発売

上昇志向ゴルファーの攻めて、飛ばすチタンフェースアイアン

横浜ゴム(株)は、PRGR(プロギア)クラブシリーズ「iD nabla RS(アイディー・ナブラ・アールエス)」の新商品として上昇志向ゴルファー向けの「iD nabla RS TITAN FACE(チタンフェース)アイアン」を(株)プロギアを通じて10月10日から発売する。価格はオリジナルカーボンシャフトの男性モデルが#6〜#9、Pwの5本セット110,000円+税、#5、Aw、Swが1本22,000円+税。同女性モデルが#7〜#9、Pwの4本セット88,000円+税、#5、#6、Aw、Swが1本22,000円。オリジナルスチールシャフト「スペックスチールⅢ Ver.2」モデル、トゥルーテンパー社製「XP95 S200」モデルが#6〜#9、Pwの5本セット95,000円+税、#5、Aw、Swが1本19,000円+税。

「RS」は「Real Sports(リアルスポーツ)」の意味。「iD nabla RS」シリーズは、アスリートゴルファーやこれから上達を目指すゴルファーの「勝つためのゴルフ」に応えるため、ヘッド形状、飛距離、方向性、音・打感といったクラブの「完成度」にこだわっている。さらにスペックだけではないゴルファーの「感性」もPRGRの新技術によってクラブに具現化したのが特徴。

「iD nabla RS TITAN FACEアイアン」はチタンフェースのキャビティアイアン。「構えやすさ」「シャープな顔」などの感性を重視し、ミッドサイズのセミグースヘッドでトゥ側が高いアイアンらしい形状を採用した。さらに「飛びとやさしさ」を追求し、フェース素材に、#5〜#9では弾きの大きいチタンを採用(Pw、Aw、Swはソフトステンレス)したほか、ロフトもややストロングロフト(#5:24°)に設計。チタンフェースでもソフトな打感にこだわり、ヘッド内に振動吸収剤を充填することで今までのチタンフェースにないソフトな打感を実現している。また、タングステンウェイトをソール部に配置(#5〜#9)した低重心設計でやさしさも追求している。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
iD nabla RS TITAN FACEアイアン(#5)

iD nabla RS TITAN FACEアイアン(#5)

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
ウェッジ(Sw)

ウェッジ(Sw)

「iD nabla RS TITAN FACEアイアン」の特徴
■攻めるヘッド形状

■飛びとやさしさを追求

「iD nabla RS TITAN FACEアイアン」のスペック

※価格:<オリジナルカーボンシャフトモデル>
(M-43〜M-37)
#6〜#9、Pw/5本セット110,000円+税、#5、Aw、Sw/1本22,000円+税
(M-34、M-30)
#7〜#9、Pw/4本セット88,000円+税、#5、#6、Aw、Sw/1本22,000円+税
<スペックスチールⅢ Ver.2モデル>
#6〜#9、Pw/5本セット95,000円+税、#5、Aw、Sw/1本19,000円+税
<XP95 S200モデル>
#6〜#9、Pw/5本セット95,000円+税、#5、Aw、Sw/1本19,000円+税
※ヘッド素材:フェース:チタン(T9S) ※#5〜#9
       ボディ:ソフトステンレス(ST-22)
ウェイト:タングステン合金(Ni, W, Fe) ※ #5〜#9
※ヘッド仕上げ:低温PVD仕上げ
※製法:フェース:圧延 ※#5〜#9
    ボディ:精密鋳造
    ウェイト:精密鋳造 ※#5〜#9
※原産国:Made in CHINA、Made in JAPAN