ニュースリリース

PRGR「iD nabla RSフェアウェイウッド/ユーティリティ」新発売

ライを選ばず攻められるスライディングソール採用のFW/UT

横浜ゴム(株)は、PRGR(プロギア)クラブシリーズ「iD nabla RS(アイディー・ナブラ・アールエス)」の新商品として「iD nabla RSフェアウェイウッド」と「iD nabla RSユーティリティ」を(株)プロギアを通じて10月10日から発売する。番手はフェアウェイウッドが#3、#4、#5、#7、#9、ユーティリティが#3、#4、#5、#6。価格はフェアウェイウッドが1本35,000円+税。ユーティリティはオリジナルカーボンシャフトモデルが1本30,000円+税、オリジナルスチールシャフト「スペックスチールⅢ Ver.2」モデルが1本27,000円+税。

「RS」は「Real Sports(リアルスポーツ)」の意味。「iD nabla RS」シリーズは、アスリートゴルファーやこれから上達を目指すゴルファーの「勝つためのゴルフ」に応えるため、ヘッド形状、飛距離、方向性、音・打感といったクラブの「完成度」にこだわっている。さらにスペックだけではないゴルファーの「感性」もPRGRの新技術によってクラブに具現化したのが特徴。

「iD nabla RSフェアウェイウッド」は構えやすく弾道がイメージしやすい「ストレートフェース」を採用。さらに「スライディングソール」の採用により、ソールの接地面を最小限に抑え、抜けの良さを実現した。またCFRPクラウン複合ヘッドの採用でディープフェースでありながら低重心化を実現。マイルドな打感と弾き感、心地よい打球音で振り抜け、狙えるフェアウェイウッドに仕上げた。

一方、「iD nabla RSユーティリティ」もフェアウェイウッド同様に「ストレートフェース」「スライディングソール」を採用。これに加え、ディープフェース、大きめなFP設計によってボールが上がりやすく、ラフでも打ち込めるイメージを持たせるとともに、マイルドな打感と弾き感、心地よい打球音で振り抜け狙えるユーティリティとなっている。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
iD nabla RSフェアウェイウッド

iD nabla RSフェアウェイウッド

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
iD nabla RSユーティリティ

iD nabla RSユーティリティ

「iD nabla RSフェアウェイウッド」の特徴
■弾道がイメージできる顔

■接地面が少ない「スライディングソール」形状

■CFRPクラウン複合ヘッド

「iD nabla RSユーティリティ」の特徴
■弾道がイメージできる顔

■接地面が少ない「スライディングソール」形状

■ディープフェース&大FP設計

「iD nabla RSフェアウェイウッド」のスペック

※価格:1本35,000円+税
※素材:フェース:マレージング鋼(ES235)
ボディ:ステンレス(SUS630)
クラウン:カーボン(CFRP)
※製法:
フェース:圧延
ボディ:精密鋳造
クラウン:プレス成型
※オリジナルヘッドカバー付き(Made in CHINA)
※原産国:Made in CHINA、Made in JAPAN

「iD nabla RSユーティリティ」のスペック

※価格:
<オリジナルカーボンシャフトモデル> 1本30,000円+税
<スペックスチールⅢ Ver.2モデル> 1本27,000円+税
※素材:フェース:マレージング鋼(ES235)/ボディ:ステンレス(SUS630)
※製法:フェース:圧延/ボディ:精密鋳造
※オリジナルヘッドカバー付き(Made in CHINA)
※原産国:Made in CHINA、Made in JAPAN