ニュースリリース

赤 egg ドライバー(NEW egg ドライバー)新発売

飛び最優先でシニアのゴルフがもっと楽しくなる

横浜ゴム(株)の子会社(株)プロギアは、PRGR(プロギア)「egg(エッグ)」ブランドから飛び最優先のシニアゴルファー向けドライバー「NEW egg(ニュー・エッグ)ドライバー(通称:赤 egg ドライバー)」を9 月上旬から発売する。ロフト角は「10°」「11°」の2種類をラインアップ、シャフトはオリジナル専用カーボンシャフトをヘッドスピード別に「M-43(S)」「M-40(SR)」「M-37(R)」「M-35(R2)」「M-30(L)」の5種類を用意した。価格は1本80,000円+税。

新商品は、もっと飛ばしたい、やさしく打ちたい、競技ゴルフも楽しみたいシニアゴルファー向けのSLEルール適合ドライバー。フェース面積を極限まで拡大した「BIG FACE設計」とフェースとクラウンの境界部を広く設計した赤 egg専用「パワーフランジ構造※1」の効果で、フェースのたわみエリアを広く大きくたわませ、高初速エリア※2の大幅な拡大を図った。さらに「パワーフランジ構造」はフランジ部分がたわむことで高打ち出しを可能にしている。また、大きなフェース面積でありながら深重心設計(重心深度41mm)を実現し、ボールを上がりやすくした。シャフトは手元側にバランスを置いた「カウンターバランス設計」を採用した45インチ仕様。重いヘッド(201g)が振り切れることでボールの初速効率を高めた。このほか、シリーズでやや太い「中太グリップ」を採用し力まず振れるよう工夫している。
※1:特許出願中 ※2:最高初速点を100とした場合、99%の初速性能を得られるエリア

「egg」ブランドのクラブ開発コンセプトは「既成概念にとらわれない」「卵の殻を打ち破る発想」「飛び、やさしさを最優先」。飛び最優先のシニアゴルファー向け「赤 egg」はフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンを9月に同時発売する。また、SLEルール適合外の高反発設計で飛ばす「金 egg」のドライバー、アイアンも10月に発売するほか、「egg」ブランドのキャディバッグとボールを9月に発売する。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
NEW eggドライバー

NEW eggドライバー

「赤 egg」のコンセプト

クラブ設計の特長

「NEW egg ドライバー」のスペック

※SLEルール適合品
※価格:1本80,000円+税
※素材:フェース:チタン(Ti-6AI-4V)/ボディ:チタン(Ti-8AI-1V-1Mo)
※製法:フェース:圧延/ボディ:真空精密鋳造
※オリジナルヘッドカバー付き(Made in CHINA)
※原産国:Made in CHINA、Made in JAPAN