ニュースリリース

PRGR「金eggドライバー」ロフト角9.5°を追加発売

「弾道を最適にしたい」「カスタムシャフトで飛ばしたい」シニアゴルファーに対応

横浜ゴム(株)の子会社(株)プロギアは、PRGR(プロギア)「egg(エッグ)」ブランドから2015年10月に発売した反発係数に関するSLEルール適合外の高反発ドライバー「SUPER egg(スーパー・エッグ)ドライバー」(通称:金eggドライバー)にロフト角「9.5°」を追加し、4月15日から数量限定で発売する。従来のロフト角では弾道が高くなり飛距離をロスしてしまうシニアゴルファーの要望に応えた。シャフトはオリジナルシャフトをヘッドスピード別に「M-40(SR)」「M-37(R)」、推奨カスタムシャフトとして50g台の三菱レイヨン製「KUROKAGE XM50」、40g台の藤倉ゴム製「Speeder 474 EVOLUTIONⅡ」、30g台の三菱レイヨン製「GRAND BASSARA GB29」を用意した。価格はオリジナルシャフトモデルが1本100,000円+税、推奨カスタムシャフトモデルが1本115,000円+税。

「金eggドライバー」は、年齢を重ねヘッドスピードが落ちても昔のような飛距離を取り戻すことでシニアのゴルフライフに大きな飛びと喜びを与える、プライペートプレーでのみ使用可能な高反発ドライバー。クラウンの変形を抑えたわみをフェースに集中させる金egg専用「パワーフランジ構造※1」により高反発エリアを拡大したほか、冷間圧延βチタンのフェースを限界まで薄肉化することで大きなたわみを発生させ反発係数0.85※2以上の高反発性能を実現している。オリジナルシャフトは手元剛性を高めて全体がしなり戻る設計で、先端部にはナノアロイ®※3技術を採用し軽量化と高い強度を両立。さらにより幅広く飛ばしたいシニアゴルファーに対応するため重さの違うカスタムシャフトも用意した。
※1:特許出願中 ※2:R&A COR.測定条件で測定した数値 ※3:ナノアロイ®NANOALLOY®は東レ(株)の登録商標

「egg」ブランドのクラブ開発コンセプトは「既成概念にとらわれない」「卵の殻を打ち破る発想」「飛び、やさしさを最優先」。2015年9月にシニアゴルファー向けにSLEルールに適合し高初速で飛ばす「赤egg」シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、10月にSLEルール適合外の高反発で飛ばす「金egg」シリーズのドライバー、アイアンを発売した。今回、「金egg」シリーズには「金eggドライバー」にロフト角「9.5°」を追加したほか、「SUPER eggドライバーLONG-SPEC」(通称:金eggドライバーLONG-SPEC)、「SUPER egg SPOON」(通称:金eggスプーン)がラインアップに加わる。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
SUPER eggドライバー

SUPER eggドライバー

「金egg」のコンセプト

クラブの特長

「SUPER eggドライバー」のスペック

※数量限定
※SLEルール適合外品
※価格:オリジナルシャフトモデル:1本100,000円+税/カスタムシャフトモデル:1本115,000円+税
※素材:ボディ:チタン(Ti-8AI-1V-1Mo)/フェース:チタン(DAT55G)
※製法:ボディ:真空精密鋳造/フェース:冷間圧延
※オリジナルヘッドカバー付き(Made in CHINA)
※原産国:Made in JAPAN