ニュースリリース

リトレッドタイヤに環境特化型トラック・バス用ブランド「ZEN」の2商品をラインアップ

運輸・輸送業界の環境経営をさらにサポート

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)は、トラック・バス用リトレッドタイヤのラインアップに環境特化型トラック・バス用ブランド「ZEN(ゼン)」の低燃費指向プレミアムオールシーズンタイヤ「ZEN 702ZE」を追加し、2010年2月から発売した。すでに発売中の耐摩耗指向オールシーズンタイヤ「ZEN 701ZE」と合わせて、新品使用時だけでなくリトレッドタイヤにおいても環境性能を重視するユーザーニーズに幅広く応えていく。発売サイズは「ZEN 702ZE」が11R22.5 14PRと11R22.5 16PRの2サイズ、「ZEN 701ZE」が11R22.5 14PR、11R22.5 16PR、245/70R19.5 136/134の3サイズ。価格はオープンプライス。

リトレッドタイヤは使用済みタイヤのトレッド部分を新しいトレッドに張り替えて再利用するタイヤで、省資源や廃タイヤの削減など3R(Reduce・Reuse・Recycle)の観点から高い環境保全効果が期待できる。また、運輸・輸送業界では地球温暖化防止や燃料費の高止まりを背景に環境経営のレベルアップやコスト削減が大きな課題となっており、リトレッドタイヤの需要が高まっている。

「ZEN」ブランドは新品時の環境性能はもちろん、リトレッドタイヤへの活用を考慮してケーシングの長寿命化を図っているため、リトレッドタイヤに最適である。「ZEN」ブランドは「ZEN 701ZE」、「ZEN 702ZE」以外に、低燃費+省メンテナンス指向リブタイヤ「ZEN 102ZE」、低燃費指向スタッドレスタイヤ「ZEN 902ZE」を販売しており、今後、さらにリトレッドタイヤのラインアップを拡大していく。横浜ゴムは現在、ヨコハマタイヤ東日本リトレッド(株)と山陽リトレッド(株)の2拠点でリトレッドタイヤを生産・販売している。

横浜ゴムはトラック・バス用タイヤ事業の環境グローバルコンセプト「Z.ENVIROMENT」の下、運輸・輸送事業者向けに総合的なタイヤ・マネジメントを展開している。環境性能に優れる商品開発をはじめ、適正なタイヤ使用を実現するタイヤ空気圧モニタリングシステム「HiTES(ハイテス)」を販売。さらに「HiTES」で得た運行データを当社のタイヤ・マネジメント・システム(TMS)と連動することで、運行傾向の分析や適正タイヤの提案などユーザーの車両運行管理の向上を図るとともに、リトレッドタイヤの推進に活用している。

※写真をクリックすると印刷用高解像度画像がダウンロードできます。
摩耗指向オールシーズンタイヤ「ZEN 701ZE」 低燃費指向プレミアムオールシーズンタイヤ「ZEN 702ZE」
摩耗指向オールシーズンタイヤ「ZEN 701ZE」 低燃費指向プレミアムオールシーズンタイヤ「ZEN 702ZE」
摩耗指向オールシーズンタイヤ「ZEN 701ZE」

摩耗指向オールシーズンタイヤ「ZEN 701ZE」

低燃費指向プレミアムオールシーズンタイヤ「ZEN 702ZE」

低燃費指向プレミアムオールシーズンタイヤ「ZEN 702ZE」

発売サイズ