横浜ゴムグループ 新卒採用情報

MBの仕事

先輩の仕事情報1

横浜ゴムMBジャパン株式会社 1994年入社

「入社のきっかけは?」

写真
業種ではなく自分の目指す職種での就職活動

私が就職活動をしていた時は、ちょうどバブルがはじけた頃で厳しい就職環境でした。そのような時代背景でしたので、「自分が本当に何をしたいのか」を自問自答しながら活動を行っていました。
その中で私自身「人と接するのが好き」でしたので、多くの方と出会いのある営業という職種を目指していました。業種で選ぶのではなく、職種で選ぼうと考えていました。
営業の仕事は多くありますがその中で当社を選んだ理由は、面接で会社に訪問をした際に、社内の雰囲気が良く、この会社なら自分の力が発揮できるステージがあるなと直感的に感じたことです。そして横浜ゴムグループで安定していた事も大きな決めてでした。

「現在の仕事内容は?」

写真
人間の体でいうと「血管」を扱っています

当社の扱っている商品は、一般消費者の皆様の目に直接触れる機会は少ないかもしれませんが、生活の基盤を支える多種多様の重要な施設や工業製品等に使われています。
例えば、搬送用コンベアベルト、建設・産業・工作機械用ゴムホース、建築用シーリング材、道路用ゴム伸縮継手、テニスコート用弾性舗装材、等々。
私も入社するまで、当社の商品がこのように多くの場所で利用されているとは知りませんでした。
現在、私はこれら多くの商品の中の一つである「ホース配管」を扱っている部署で、法人のお客様を100社以上担当しています。

さて、この「ホース配管」商品ですが、皆様の知っている家庭用のいわゆる水撒きホースとは異なります。主に産業機械や工作機械に使用されている高圧のゴムホース、樹脂ホース等になります。
なかなかイメージが浮かびにくいと思いますので、詳しくはホームページをご覧頂ければと思います。

ホースは圧力に強いもの、熱さに強いもの、薬品に強いものと性質の違いがありますし、もちろんサイズ・長さも様々です。さらに、このホースは相手装置に合わせて様々な金具を仲介させて取り付けられるため、私たちはこれをセットで販売するのですが、これらホースと金具の組み合わせ種類は恐ろしい程の数となります。

入社当時はホース・金具の種類・特徴を覚えるだけで苦労しました。カタログを何回も読み直したり、先輩に教えてもらいながら、徐々に覚えていきました。
私の扱っている商品は、主に工場内で機械を繋ぎ、生産ラインを支えています。人間の体でいうと心臓と重要な器官を繋ぐ「血管」のようなものです。ですから、その血管が用途に合わなかったり性質が違ったりすると、工場全体がうまく機能しなくなり、ラインを止めてしまう可能性があります。ラインが止まってしまえば、お客様や製品を購入される一般ユーザーの方にも多大な迷惑を掛けてしまいます。
そういった意味ではプレッシャーもありますが、自分の力でスペックインしたホースが生産ラインにおいて上手く機能した時は何事にも代え難い喜びを得ることができます。

「未来の目標は?」

高機能な製品に自分としての
「付加価値」を付けて

社内外で信頼してもらえる存在になることです。
お客様に信頼して頂くことは何より重要ですが、社内の上司や同僚、後輩に信頼してもらうのも重要です。
そして自分の力で会社を変える、常に挑戦できる心を持ち続けてきいたいと考えています。
私たちは、ただ単にお客様にモノを売るだけではありません。お客様に信頼や満足、安心、といった付加価値もお届けします。 その付加価値に、「私自身の価値」も付けていきたいと思っています。
お客様に「中塚だから注文をしているんだ」といわれるような営業になりたいと思っています。