横浜ゴムグループ 新卒採用情報

タイヤの仕事

先輩の仕事情報2

(株)ヨコハマタイヤジャパン

「入社のきっかけは?」

写真
何を売るのかではなく、どんな仕事をするのかで選びました

就職活動の時、体を動かす仕事がいいなぁと漠然と考えていたので、スポーツ関係の仕事を中心に検討していました。当社の情報は、就職課で見つけ、タイヤはめ替えやバランス計測等の技術的な仕事もあったので興味を持ちました。
クルマに対する知識が豊富に合ったわけではないのですが、説明を聞いたときに、「この仕事は自分に合うかも!」とピン!ときまして入社しました。
入社後はどんな仕事でも一緒だと思いますが、「1からのスタート」でした。
タイヤの種類やサイズもわからず苦労しました。しかし、技術研修があったり、先輩から教えてもらったり、自分で車を眺めて研究したりして知識を深めていきました。

「現在の仕事内容は?」

写真
社会人として認められることの大切さ

現在は「法人営業」の仕事をしています。お客様は主にカーディーラー・ガソリンスタンド・修理工場様で取引先数は約60件になります。
私は入社後、お客様にタイヤを運ぶ「配送」の部署に配属になったのですが、この部署での経験が現在の営業の仕事に大いに役立っています。
配送の仕事は雨の日も風の日もタイヤを運びますから、大変ではありましたが、体を動かしてお客様とも接する事が出来るバランスが自分にはちょうど良く、また、実際に商品に触れることにより、知識も深まりました。

小さな事ですが、お客様にジュースをごちそうして頂いたり、『がんばってるな』と声をかけて頂いた時は、本当に嬉しかったです!『社会人として人に認められる』という事の大切さを知った小さな第一歩でした。
そして、一人、また一人と認めてくれるお客様が増えると、更に仕事にハリが出てきました。
「何を求めているのか?」「今日はどんな話を提供しようか?」と考えるようになりました。
配送の仕事を経験し、地道な仕事の積み重ねがお客様の信頼に繋がる事を学びました。これは今の営業の仕事でも活きていると感じています。

 営業に配属になってからは、今までと違った辛い事が出てきました。どの会社でもそうですが、営業は会社の顔ですから、クレームにも対応します。
お客様のニーズは当然それぞれ異なりますので、自分で調べ、考え、お客様への提案も多岐に渡ります。
しかし、よく考えると、60人以上の社会人の先輩とお話できる機会はそうはないと思います。活きた情報が毎日取れ、日々成長していると実感しています。

「未来の目標は?」

写真
頼る立場から頼られる立場へ

入社時は、「日々の仕事を一人前にこなせる事」というのが目標でしたが、今は「頼られる存在」になりたいと考えています。
私も入社してから先輩に助けてもらってきましたから(時には迷惑もかけましたが)、今度は自分が後輩から頼られる存在になりたいです。
素直に人の話を聞いて、自分で考えて、そして自分の意見を持てる元気で楽しい仲間と、一緒に働きたいと思っています!
クルマやタイヤに興味がある方も、無い方も是非一度説明を聞きに来てください。お待ちしています。